別の手段で実現する

前回の記事:『やれるかやれないかよりも、やりたいかやりたくないか』にあげたように、私たちは時に、なりたかったものをあきらめることがあります。

本当はプロのスポーツ選手になりたいけど、自分には無理だ。

本当はレギュラーになりたいけど、自分には無理だ。

本当は大学に行きたいけど、自分には無理だ。

本当は会社を立ち上げたいけど、自分には無理だ。

本当は結婚したいけど、自分には無理だ。

本当は歌手になりたいけど、自分には無理だ。

・・・。

例えば、「プロのスポーツ選手になる」は本来手段の一つです。大事な所は『何のために』プロスポーツ選手になりたいのか、です。

そのスポーツをずっとやっていたいから。

そのスポーツをしている自分が好きだから。

そのスポーツに救われたから。

プロになっ自分を馬鹿にした人たちを見返したいから。

プロになればカッコいい人だと思ってもらえるから。

称賛を浴びたいから。

・・・。

その目的を実現させるための手段の一つが「プロのスポーツ選手になる」だったというだけです。

手段は一つではありません。

今現在は存在していない手段を新たに生み出しても良いわけです。

『本当は自分は何がしたいのか。』

『そして、そのための手段にどんな方法があるのか。』

このことを明確にすれば、「困難そうに見える」障害を違った角度からクリアする方法も見つかるかもしれません。明確にするための方法は、今まだ気づいていない自分の意識に目を向けることです。

ぜひ役に立ったと思いましたらシェアをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA