マイケルジョーダンの成功の理由とは?

「バスケットボールの神様」と呼ばれたマイケルジョーダンの言葉です。

 

 

「選手生活の中で9000本以上のシュートをミスした。

 300回近く試合に負けた。

 26回ウイニングショットを任され、失敗した。

 人生の中でなんどもなんども繰り返し『私は失敗した』

 それが私が成功した理由だ。」

出典:心を奮い立たせるスポーツ選手の名言集 – NAVER まとめ

 

 

 

彼にとって、失敗することは否定的なことではないのです。

だから、おそらく大事な場面で失敗している自分がいても、それはダメな自分として捉えることをしないでしょう。

 

 

彼にとっては、失敗する自分も失敗しない自分と同じく同等に尊重すべきありのままの自分なのです。

 

 

しかし、人によっては無意識に失敗することを避けている場合もありますし、「失敗を恐れてはいけない」と頭では分かっているのだけれどもどうしても失敗を恐れてチャレンジできないという場合もあります。

 

 

そのような状況に自分が陥った場合、どのようにすればマイケルジョーダンのように肯定的に捉えられるようになるのでしょうか。

 

失敗した先に何が起こることを恐れているのかを見つけるのです。

それがあなたの最も避けたいと思っていることです。

でも、その思考の連鎖は真実ですか?

一度自分の思考を疑ってみてください。別の展開もあるはずです。

失敗の先にあるイメージを自分がワクワクする方向へと変換させることができればあなたもマイケルと同じように失敗を成功の糧にすることができるようになりますよ。

ぜひ役に立ったと思いましたらシェアをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA