長谷川穂積のボクシングストーリー

今回はプロボクサーの長谷川穂積選手のこの言葉。

(負ければ引退、ラストチャンス、世界タイトルマッチ5年5か月ぶりの王座奪還の試合前)

『負ける気が全くしない。絶対チャンピオンになるだろうな。この気持ちでやった時にまず負けないという自信があった。』

その試合の前評判としては、長谷川選手よりも相手側の勝利を予想されていました。

そして、長谷川選手が勝利を収めた後、周りからは「奇跡が起こった」との言葉。しかし、本人の長谷川選手に言わせれば、『全然奇跡じゃない。こんな気持ちの時に負けるはずがない』。スポーツを選手として経験された方の中には、同じように感じたことがある方は少なからずおられるのではないでしょうか。

さて、『こんな気持ち』にはどうしたらなれるのか・・・。

結論から言ってしまえば、『こんな気持ち』になれるぐらい、いかに自分を信じ切れているかどうかということですよね。

長谷川選手のように精神的に強くなれることを期待して待つ、それも悪くないですが、積極的に『こんな気持ち』を手に入れることは可能です。もちろん、その裏には練習量と、技・体(栄養面も含め)が準備されていて勝利という結果に結びつくわけですが、逆に技・体だけを鍛えていても、『こんな気持ち』になれるかどうかは分かりません。長谷川選手も言われているように、「僕と同ボクシングストーリーを歩める人はいない」のです。

つまり、人それぞれ生きているストーリーが違うので、あなたが『こんな気持ち』になるために必要なことは長谷川選手とは違うのです。

そして、「自分を信じる」ことについては、適切にトレーニングを重ねれば誰にでもできることです。

スポーツ選手に限らず、あらゆる方の自分を発揮することの手助けになると思います。

ぜひ役に立ったと思いましたらシェアをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA