メンタルは強いから大丈夫と思っている人もさらに強化できる!

今日は、先日トレーニングを受けられた秋山正輝さんのご感想をご紹介しますね!

秋山さんは10代の頃は競輪選手としてご活躍され、21歳で事故に遭われたことをきっかけに現在はパラ陸上現役選手としてご活躍です。

ちょうど先月ロンドンで行われていた世界パラ陸上でやり投げで6位入賞し、帰国されたところです。

〜以下ご感想より〜

【メンタルは強いから大丈夫と思っている人もさらに強化できる!】

ロンドンの世界パラ陸上から帰ってきて、早2週間。

そこでの刺激や教訓を念頭に置き、目下次の大会に向けてますますトレーニングを強化中である。

そこで今回、スポーツレゴートレーニング(マインドシフトトレーニングの前身)というものを受けてみた。

わかりやすく言えばメンタルトレーニングである。

自分自身、これまで競泳、自転車(ロード、トラック)、そしてパラスポーツとなる陸上競技、と学生時代から常に精魂を傾けてスポーツに取り組んできており、トレーニングは肉体の限界までの強化、そしてそれにより精神も鍛えられる
と信じてきた。

それは限界まで鍛えるとその先の境地を垣間見ることができ、何事においても常に動じない、強靭な精神力を得られたからである。

実際、これまで数度の海外遠征等があるが、その幾多の場面で緊張をしたりプレッシャーに圧し潰されそうになった覚えは全くと言っていいほどない。

そんな自分が今回このスポーツレゴートレーニング(マインドシフトトレーニングの前身)を受けようと思ったのはその内容を聞いてみて、心身共にさらにパフォーマンスアップできそうと思ったからである。

トレーナーの松川ちづるさんとマンツーマンで向き合いトレーニングをしたわけであるが、それは質問形式で行われ
決して難しいものではなくごく自然に自分が思っていることを答えるだけでどんどん自分の知らなかった一面がいとも簡単に出てきたのである。

松川さんのこのトレーニングは、まさしく自己の力だけでは決して到達することのできない深層心理の奥底までを洗い出し、そこに含まれる問題点であろう部分をいかに捨て去るかというものであった。

問題点が浮き彫りになってからは、そのこれまでこだわって引きずってきたという部分や、いつまでも心に残っている
マイナスのイメージを切り離すことに主眼が置かれた。その問題の核心の部分を抱えることになった時期や経緯などを、目を閉じてその当時の気持ちをさらに思い起こすように促がされ、しばらく瞑想しているとなんと脳裏にあるその当時の状況の生々しいマイナスの場面が、いつの間にか頭の中で自然いっぱいの川のせせらぎの場面に切り替わった。自分でもまさかと思ったが実際に湧き水のようなすごく澄んだ水の流れる小川が目に浮かび、まるで悪いものが流されたかのよう
であった。(マインドシフトトレーニングではイメージワークは行いません)

そしてそのあとは気持ちが軽く楽になり、固定観念や諦めを捨てその分可能性を信じる自分に気づいたのである。

以上のようにこのスポーツレゴートレーニング(マインドシフトトレーニングの前身)はメンタルが弱いと思っている人はもちろん、メンタルは強いから大丈夫と思っている人もさらに強化できると考えられる。

それはこれまでの生い立ちと共に育まれてきた精神の形成過程の見直しができるからである。

これまで知らず知らずのうちに当たり前のように持ち続けてきたマイナスイメージやこだわりをあらわにし、それを捨て去ることによって自己の可能性を切り拓き意識面での改革をもたらすのがスポーツレゴートレーニングであると自分なりに感じた。

これからもスポーツレゴートレーナー松川ちづるさんの絶大な力をお借りしたい。

★★★★★★★★★★★★★★★

イメージの変化の仕方は人それぞれです。(マインドシフトトレーニングではイメージワークは行いません)

いずれにしても、自分に対しての誤ったイメージをイメージの中で手放すことで本来の自分を取り戻し、本来の自分の力を発揮できるようになっていきます。

秋山さんのようにこれまでご自身がメンタルに弱さを感じていなかったとしても、さらにご自身を飛躍させるための要素
を見つけることが可能です。

ぜひ役に立ったと思いましたらシェアをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA